Copyright © 2008 Blue Nob All Rights Reserved
Miles Davis "Workin'"
b0160275_22175384.jpgモダン・ジャズ・トランペットの巨匠であり、モダン・ジャズの歴史の転換点では必ず重要な影響をおよぼした巨人、マイルス・デイヴィスの作品です。いわゆる「プレスティッジ・マラソン・セッション4部作」の一枚で、四部作の中では三番目にリリースされたアルバムです。

マイルスがプレスティッジを去ってコロンビアに移籍する際、プレスティッジとの契約上、4枚のアルバムを製作する必要がありました。
マイルスは、この4枚分の25曲を、1956年の5月11日と10月26日のたった二日間で録音してしまいました。メンバーは第1次マイルス・デイヴィス・クインテットの黄金メンバー、ジョン・コルトレーン、レッド・ガーランド、ポール・チェンバース、フィリー・ジョー・ジョーンズです。

普通、こういう短期間で作ったアルバムというのは「粗製濫造」、「味噌もクソも一緒くた」というネガティブな言葉がついて回るのですが、さすがは天才マイルス、どのアルバムも素晴らしい演奏です。しかもほとんどの曲がワン・テイク録音されたというのが驚きです。いかに当時のマイルス・デイヴィス・クインテットの演奏が卓越していたか、よくわかります。

また、この4枚のアルバム、"Cookin'"、"Relaxin'"、"Workin'"、"Steamin'"、それぞれジャケット・デザインの傾向がまったく違うのも面白いです。
"Cookin'"が一番アーティスティック、次に"Relaxin'"が面白いかな。"Steamin'"は煙草に火をつけるマイルスの写真で、これはこれでかっこいいです。ところが、この"Workin'"は実にしょうもないジャケット・デザインです。ロードローラーが道路工事をしているところを背景に、煙草を一服しているマイルスが写っています。まあ、味があるといえばあるのかもしれませんが。^^;

ジャケット・デザインはさておき、演奏は素晴らしいです。
特にバラードの"It Never Entered My Mind"と"In Your Own Sweet Way"で繰り広げられるマイルスのミュート・プレイは、「卵の殻の上を歩く男」と形容されたマイルスの真骨頂です。特に "It Never Entered My Mind"のイントロ、レッド・ガーランドのイントロからマイルスのミュートが入ってくるあたり、何度聴いてもぞくぞくしてしまいます。
また、その後ライブでなんべんも取り上げられる"Four"も、オープンでバリバリ吹いており、ハード・バップの醍醐味を味わえます。

また5月の録音では、コルトレーンのプレイはまだキレも悪く迷いの多い感じなのですが、10月の録音(このアルバムではHalf Nelson)になると画期的によくなります。コルトレーンの成長を知るためにも、このプレスティッジのマラソン・セッション四部作はとても貴重だと思います。

この"Workin'"、四部作の中では一番地味なアルバムかもしれませんが、暖かくて心に残るアルバムに仕上がっていると思います。

1956年5月11日、10月26日録音
Miles Davis (tp)
John Coltrane (ts)
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Philly Joe Jones (ds)
[PR]
# by bluenob | 2008-07-21 23:11 | Trumpet
Jackie McLean "Jackie McLean Quintet"
b0160275_20383744.jpgアルト・サックスのハード・バッパー、Jackie McLeanの初リーダー作品です。
通称「猫のマクリーン」とか「猫リーン」と呼ばれるアルバムで、ジャケットに猫というかふくろうというか、とてもグルーヴィな動物が描かれています。内容もとてもグルーヴィです。^^

アルト・サックスの神様、チャーリー・パーカーにあこがれてアルト・サックスを始めたジャッキー・マクリーン、早熟の天才で、1951年、19歳の時に、Miles Davisの"Dig"への参加でレコーディング・デビューを果たしました。(一説によれば、16歳のときにバリトン・サックスで初吹き込みをした、という記述もあるようです。)
チャーリー・パーカーもマクリーンをことのほか可愛がっていたようで、この"Dig"の録音の時には、スタジオまで付き添ってきていたらしいです。このデビュー版でのマクリーン、突き刺さるように鋭いトーンのアドリブを展開しており、チャーリー・パーカーの秘蔵っ子ぶりがよくわかります。

1955年3月12日にチャーリー・パーカーが亡くなりました。マクリーンはその直前にパーカーにアルト・サックスを貸したらしいのですが、なんたることかパーカーはそのアルトを質入してしまいました。頭に来たマクリーンは口もきかずにパーカーと別れたのですが、そのすぐ後に「パーカーが死んだ」というニュースが伝えられ、マクリーンは号泣したそうです。

このアルバムはそれから半年ちょっとたったときの録音です。初リーダー・アルバムですが、完成度の高い素晴らしいアルバムです。
最終曲の"Lover Man"はチャーリー・パーカーの名演で有名ですが、ここでのジャッキー・マクリーン、切々と恩師をなくした悲しみを歌い上げています。後年のLeft Aloneでのバラード演奏に比べると、もろにパーカーの影響丸出しでもっと音数が多いのですが、ブルージーな雰囲気と歌心の素晴らしさは天性のものがあります。
またピアノもLeft Alone同様マル・ウォルドロンで、マクリーンのパーカーに対する気持ちを汲んで素晴らしいバッキングぶりです。この二人のバラード演奏における相性は素晴らしいと思います。この1曲のために、このアルバムを買っても損はしません。

また、アップテンポの"It's You Or No One"や"The Way You Look Tonight"では、トランペットのDonald Byrdとともに、「これぞハード・バップ!」という切れの良いみずみずしいプレイを披露しています。
"Blue Doll"はマクリーン作曲のスロー・ブルースで、ソニー・クラークの名盤、"Cool Struttin'"における演奏の原点はここにあり、という好演です。ちなみにDollというのはマクリーンの奥さん、Dollyのことだそうです。
マクリーン、家族思いだったようで、奥さんだけでなくお嬢さんにも"Little Melonae"を書いています。これは当時としては結構新鮮な響きの曲だと思います。

ジャッキー・マクリーン、演奏技術では決して一流とは言えないかも知れません。リードコントロールが下手クソでミス・トーンも多いし、音程を外すのはしょっちゅうです。でも、ちょっと舌足らずで甘くてハスキーな音色、そしてと憂いを含んだ歌いっぷりは、まさしくOne And Onlyです。

「音程は外しても、リスナーの期待は外さないのがマクリーン」ということを言った方がいました。まさしく言いえて妙な表現だと思います。^^この初リーダー・アルバム、そんなジャッキー・マクリーンの魅力がいっぱい詰まった一枚だと思います。

1955年10月21日録音
Jackie McLean (as)
Donald Byrd (tp)
Mal Waldron (p)
Doug Watkins (b)
Ronald Tucker (ds)
[PR]
# by bluenob | 2008-07-21 21:54 | Alto Sax
Bill Evans "Moon Beams"
b0160275_2332724.jpgBill Evansのリバーサイドでのアルバムというと、一番地味なのがこの"Moon Beams"ではないでしょうか。他のアルバムでは、ベースはScott LaFaroですが、このアルバムではChuck Israelsです。

スコット・ラファロは、それまでのベースという楽器の概念を変えたイノヴェーターでした。ラファロのベースは単にベースラインを刻むのではなく、メインのソロイストとの対話というインター・プレイ、フォービートにとらわれない自由自在なベースラインにおいて革新的でした。
エバンスとラファロは、お互いに刺激を与えながら、JAZZ史上に残る素晴らしいアルバムを残しました。

ところが、ラファロは1961年7月6日に交通事故死をしてしまいます。素晴らしいライブ演奏、"Sunday At The Village Vanguard"と"Waltz For Debby"を録音して2週間も経っていないときです。
これからが楽しみ、というタイミングで、かけがえのない伴侶を失ったエバンスの喪失感はいかなるものだったか・・・。これから先、どうやって音楽を作っていったらいいのか、途方にくれていたのではないでしょうか。

この"Moon Beams"はその事故死から約10ヵ月後の1962年5月17日、5月29日、6月5日に録音されました。
すべてがスロー・バラードです。まるで月の光のように淡くて切ない曲ばかり演奏されています。これはラファロへの鎮魂歌なのかもしれません。

このアルバムに先立つ4月24日に録音されたJim Hallとの傑作デュオ・アルバム、"Undercurrent"でもそうでしたが、自分の内面に沈み込んでいくようなエバンスの演奏はラファロを失った悲しみをたたえており、美しい挽歌に聞こえます。

"Moon Beams"、地味な作品かもしれませんが、エバンスらしい透明なリリシズムにあふれた素晴らしいアルバムだと思います。どのプレイもいいですが、5月29日に録音された2曲、"Re: Person I Knew"と"Very Early"が私の好みです。

このアルバムからトリオの新たなベーシストとして加わったChuck Israelsは、当時、Don Friedmanと一緒に活動しており、このアルバムが吹き込まれる直前の5月14日には、名作"Circle Waltz"の録音にも参加していました。

イスラエルズ(発音はイズリールズが正しいようです。)のベースは、天衣無縫なラファロのベース・ラインに比べるとはるかに地味ですが、ソロにしてもベース・ランニングにしても堅実で味わい深いものがあります。
後年のEddie Gomezのベースより寡黙ですが、エバンスのピアノにはよりふさわしい音楽性を持っているように思います。ラファロを失った悲しみから立ち直りきっていないエバンスに寄り添うようなベース・ラインは、この静謐なバラード集の品格をいっそう高めているような気がします。

1962年5月17日、29日、6月5日録音
Bill Evans (p)
Chuck Israels (b)
Paul Motian (d)
[PR]
# by bluenob | 2008-07-20 00:25 | Piano
John Coltrane "Crescent"
b0160275_2054447.jpg41年前の今日、モダン・ジャズ・ジャイアントの一人、John Coltraneが亡くなりました。
1950年代後半にマイルス・デイヴィス・クインテットのテナー・サックスに抜擢されて以来、1967年7月17日に亡くなるまで、未踏のJAZZの地平をを切り開いてきた開拓者でした。1960年代以降今日に至るまで、モダンジャズのテナー・サックスおよびソプラノ・サックス奏者で、コルトレーンの影響を受けなかった人はいないのではないでしょうか。

インパルス時代のコルトレーンは重くて黒いです。体調が悪いときには身体が受けつけないほどヘビーです。でも、命日が近くなり暑くなってくると、コルトレーンを無性に聴きたくなります。暑熱の中で、あの緊張感を伴った黒くて重い音のうねりに身をゆだねるのは、ほとんど苦行に近いところがあります。でも聴き終わった後に、えもいわれぬカタルシスをもたらしてくれるのも事実です。

このアルバム、"Crescent"は、そんな激しいインパルスのコルトレーンのアルバムの中では異例な静謐さをたたえた一枚です。"Ballads"より甘みが少なくよりビターなテイストですが、個人的にはインパルスのコルトレーンで一番好きなアルバムです。

1曲目"Crescent"ゆっくりとしたテンポで始まるモーダルなナンバー。典型的なコルトレーンサウンドですが、不思議にうるさくありません。むしろ思索的な雰囲気さえ漂っています。
2曲目の"Wise One"は名演です。Bill Evansの "Explorations"における"Israel"と双璧をなすJAZZのリリシズムの代表作品だと思っています。
3曲目のBessie's Bluesは典型的コルトレーン・スタイルのモーダルなブルースです。ブルースという伝統的で単純なフォーマットですが、コルトレーンのサウンドは死後40年以上経った今でも新鮮に響いています。
4曲目のLonnies's Lamentも思索的な雰囲気の強い曲で、アルバム全体の雰囲気を象徴している感じです。

このアルバムを吹き込んだ後、コルトレーンは世紀の名作と呼ばれる"A Love Supreme"「至上の愛」を吹き込みます。それから亡くなるまでの3年間、音楽と宗教が渾然一体となった作品を発表していくことになります。
「至上の愛」以降の精神性の強いプレイも素晴らしいとは思いますが、宗教色がを前面に押し出す直前に吹き込まれた作品として、"Crescent"は音楽的に評価しても素晴らしいアルバムだと思います。

1964年4月27日、6月1日録音
John Coltrane (ts)
McCoy Tyner (p)
Jimmy Garrison (b)
Elvin Jones (ds)
[PR]
# by bluenob | 2008-07-17 13:54 | Tenor Sax