Copyright © 2008 Blue Nob All Rights Reserved
<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
Amalia Rodrigues "Com Que Voz"
b0160275_2128105.jpgこのアルバムは、ポルトガルのファドの女王、アマリア・ロドリゲスの1987年のアルバムです。

このアルバムがJAZZでないのは百も承知ですが、あえてご紹介させていただきます。アマリア・ロドリゲス、ビリー・ホリデイに勝るとも劣らない感動を与えてくれる素晴らしいヴォーカリストです。

ファドは、ポルトガルで生まれた民俗歌謡です。ファドとはポルトガル語でも運命とか宿命とかという意味の言葉です。英語だと"fate"です。この重い名前からも察しがつくように、ファドはアメリカにおけるブルースのような響きを持った音楽です。

アマリア・ロドリゲス(Amália Rodrigues、1920年7月23日-1999年10月6日)は、そのファドの国民的歌手です。このアルバムは、アマリア・ロドリゲスが67歳の時に吹き込まれたものです。

若い頃のような声量も艶もすでにないのですが、それでもこのLPに針を下ろし、アマリアの声が聞こえてくると、いつも全身総毛だってしまいます。魂が震える、というのはこういうことを言うのでしょうか。
Jazzで言うと、Mal Waldronの畢生のアルバム "Left Alone" で、Jackie McLeanのアルト・サックスが入ってくる瞬間に似ていますが、より強烈に魂をゆさぶられます。

1曲、2曲と聴くにつれ、「ファドって運命か、俺の運命はなんだろう・・・」と考えさせられてしまいます。
そんな重い音楽ですが、決して聴きにくいものではありません。むしろ、自然に耳に入り、心の奥の一番柔らかなところに染み込んでくるような感じです。
軽いJAZZボーカルもお洒落で良いものですが、たまにはこんなファドのアルバムを聴いて、どっぷりと重い雰囲気にはまってみるのも良いものです。

なお、このアルバムのジャケット写真、大好きです。
若い頃は艶やかな美女だったアマリアですが、このアルバムに写っているのは、老境に入ったアマリアです。シワが増え厚化粧になったとは言え、女性として、人間として、より美しく深みをたたえた素晴らしいアマリア・ロドリゲスです。
この写真を撮ったカメラマン、実に素晴らしい仕事をしました。CDで出ている"Com Que Voz"は、この素晴らしい写真が使われておりません。残念なことです。

このアルバムのタイトルとなった曲"Com Que Voz"のYouTube動画がありますので、リンクを貼っておきます。
また、このアルバム収録曲で、もう少し明るい「ヴィアナへ行こう」"Havemos de Ir à Viana"のYouTube動画もあります。
これも素敵な歌唱です。
[PR]
by bluenob | 2008-08-31 22:00 | Vocal
George Wallington "The New York Scene"
b0160275_2192348.jpg白人バップ・ピアニスト、ジョージ・ウォーリントンがプレスティッジに残した名盤です。
このアルバム、私がお金を出して買った始めてのジャズ・アルバムでした。

中学生の頃は、レッド・ゼップリン、クリーム、ヤードバーズといったブリティッシュ・ハード・ロックばかり聴いていました。しかし、高校生になって吹奏楽部に入部して、アルト・サックスを吹き始めて、とたんにJAZZに目覚めてしまいました。

私が高校1年生だった1972年に、JAZZ廉価版シリーズというのが各レコード会社から発売されました。そのきっかけになったのが、ビクターから復刻したプレスティッジの1,100円シリーズです。

当時、新譜アルバムは2,200円ぐらいでしたから、このシリーズは半額です。この値段ですと、とぼしい高校生の小遣いでもなんとかなります。このシリーズ、全部で50枚ぐらいリリースされており、スイング・ジャーナルの評論を検討して何枚も購入し、それらはいまだに私の愛聴盤になっています。

いずれにせよ、最初に買った1枚は、このThe New York Sceneでした。おそらく編成を見て、アルト・サックスが入ったクインテットだったから興味を持ったのでしょう。A面もB面もそれこそ擦り切れるぐらいよく聴きました。しかし、このアルバムが気に入ったから、JAZZにのめりこんでいったわけで、この最初の1枚が気に入らなかったら、今頃JAZZは聞いてなかったかもしれません。^^;

このアルバムのリーダーは、ジョージ・ウォーリントンです。ウォーリントンは、1943年から1953年にかけて、Dizzy GillespieやCharlie Parkerなどと演奏をしていた長いキャリアを持つ白人バップ・ピアニストです。彼はバップ・チューンの名曲、"Lemon Drop"や "Godchild"の作曲者でもあります。
これという強い個性はないのですが、破綻のない端正なピアノを弾きます。残念ながら1960年に家業を継ぐために音楽から足を洗ってしまいました。(その後1980年代に復活しました。)

ウォーリントンがリーダーとなった最初のクインテットは、トランペットがドナルド・バード、アルト・サックスがジャッキー・マクリーン、ベースがポール・チェンバース、ドラムスがアート・テイラーと、どの一人をとっても、とっても「こゆーい」人ばかりでした。"Live At The Bohemia"でそのサウンドが聴けます。出てくる音は痛快なハード・バップです。

このアルバムでは、ウォーリントンの2番目のクインテットの演奏が聴けます。ドナルド・バードはそのままですが、アルト・サックスはフィル・ウッズに変わっています。また、ベースがテディ・コティック、ドラムスがニック・スタビュラスと、最初のクインテットに比べると知名度の低いメンバー構成になっています。しかし、出てくる音は負けていません。

第1曲目の"In Salah"、高校生の私がレコードに針を落とした瞬間、気に入ってしまったマイナーのかっこいいバップ・ナンバーです。
テーマの後にフィル・ウッズのソロが出てきますが、これが溌剌としていてかっこいい。^^この当時、フィル・ウッズの艶やかなアルトの音色におおいにあこがれたものです。バードもメロディアスなトランペット・ソロで続きます。次にリーダーのウォーリントンのソロになりますが、リーダーとは思えないほど控えめなソロです。^^まあ、フロントのバードとウッズの活きがが良すぎる感じなんですが。^^

ウォーリントンのピアノの良さが出るのは、3曲目の"Graduation Day"です。この演奏はバードとウッズ抜き、トリオです。ここでは控えめなウォーリントンのピアノが深い情感をたたえて淡々とソロを展開しています。

"Indian Summer"はバードとウッズのフロントによるテーマ演奏が洒落たアレンジになっており、快適なハード・バップ演奏になっています。こういう曲想だとフィル・ウッズは実に壺にはまったソロをとってくれます。前任者のマクリーンほど陰影は濃くなく、ちょっと明る過ぎる気もしないでもないですが、楽器を鳴らすテクニックははるかに上です。歌心は両者伯仲かな。^^

控えめながら懐の深いリーダーの下に活きの良い若手をフロントに配したこのアルバム、今考えると、最初に買うJAZZの1枚としてはおそろしく地味なアルバムだったと思いますが、何度聴いても味わい深いスルメ的なよさを持ったアルバムだと思います。

1957年3月1日録音
George Wallington (p)
Donald Byrd (tp)
Phil Woods (as)
Teddy Kotick (b)
Nick Stabulas (ds)
[PR]
by bluenob | 2008-08-13 21:55 | Piano
Hank Mobley "Soul Station"
b0160275_23383061.jpg前回、元ボクサーのレッド・ガーランドのエントリーを書いたので、今日は「元ボクサー」つながりで、ハンク・モブリーのアルバムについて書きたくなりました。^^この人も格闘技出身なのに、攻撃的な音は一切出さない人です。

ハンク・モブリー、はっきり言って、一流の「二流テナー・サックス奏者」です。以上。

って、それじゃああんまりです。本当は最近、お気に入りのテナー・サックス奏者なので、まじめに書きましょう。^^

ハンク・モブリー、日本語ではなぜか「ハンク・モブレー」と表記されることが多いようですが、正しい発音は、「モブレー」ではなく「モブリー」ですね。英語の地名や人名の"ley"は「リー」に近く発音されます。高級車のBentleyも「ベントレー」ではなく、「ベントリー」です。

ジャズ・メッセンジャーズの"At The Cafe Bohemia, Vol. 1"の冒頭で、アート・ブレイキー御大がメンバー紹介をやっています。
これを聴くと、"On the tenor saxophone, we have a new star on modern jazz horizon, Hank Mobley!"と紹介しており、あえてカタカナで書くと、「モーブリー」に近い感じです。^^

さて、このハンク・モブリー、昔は好きではありませんでした。コルトレーンやデックス、スティーブ・グロスマンなどの太くて硬い音が好きだったので、モブリーの音やフレージングは、「なんじゃ、こりゃ。ふにゃふにゃもごもごしているな。モーイ(芋)だでかんわ。」と、切り捨ててしまったのでした。いやはや、若さと「馬鹿さ」はほとんど同義語です、私の場合。^^

しかし私の好みも年齢と共に奥が深くなりました。40才を越えたあたりから、モブリーのしなやかなベルベット・トーンとメロディアスなフレージングが大好きになってしまいました。^^
コルトレーンに代表される体育会系JAZZ、今でも大好きですが、昔と違ってストレスの多い生活になってきたせいか、モブリーのような「癒し系」のサウンドもお気に入りになってきました。

モブリーのテナー・サウンドは、同時代のコルトレーンやデックスに比べてまろやか、スタン・ゲッツよりもウォームです。アド・リブのメロディー・ラインは常に安定しており、リラックスして聴くにはもってこいの人です。作曲もたくさんやってますが、毒にも薬にもならないハード・バップばかりです。^^

かと言って音楽性がお粗末なわけではなく、それが証拠に、一時期マイルス・デヴィスのコンボにも在籍していました。マイルスの"Someday My Prince Will Come"でその音が聴けます。イマジネイティブなソロをとるコルトレーンと対比すると、モブリーのソロはメロディアスですがクリシェだらけです。若い頃はこれがなんともイモイモしく聴こえたものですが、今はこれはこれで気持ちが良いです。^^

このアルバム、"Soul Station"は、ハンク・モブリーのワン・ホーン・カルテットのアルバムで、モブリーの魅力が凝縮されています。

リズム隊は、ピアノにウィントン・ケリー、ベースがポール・チェンバース。マイルス・バンド時代の同僚ですね。ドラムスはかつての親分、アート・ブレイキーです。
この面子で変な音が出てくるはずがありません。^^よく知った仲間との和気藹々とした雰囲気の中で、レイドバックしたご機嫌なハード・バップが演奏されています。

1曲目の"Remember"、モブリーの魅力が一番発揮されるミディアム・テンポのナンバーです。モブリー特有のメロディアスなアド・リブが淡々と展開されており、難しいことはなーんにもやっていませんが、楽しいJAZZになっています。

アルバム・タイトルにもなっている"Soul Station"もミディアム・スローでブルージーなナンバーで、ここのモブリーのさりげないソロ、すごくかっこいいです。このぐらい肩の力を抜いて吹けたら気持ちが良いだろうなー、って感じです。

アルバムを締めくくる"If I Should Lose You"、このアルバムで一番好きな曲です。 モブリーはつくづく歌モノがうまいな、と思います。淡々と展開される哀感漂う枯れたアド・リブがたまりません。ケリーのソロもご機嫌です。

刺激的な音に疲れてしまったとき、でも上質なJAZZを聴きたいなと思ったとき、このアルバムはなかなか良い選択肢の一つだと思います。

1960年2月7日録音
Hank Mobley (ts)
Wynton Kelly (p)
Paul Chambers (b)
Art Blakey (ds)
[PR]
by bluenob | 2008-08-07 23:40 | Tenor Sax
Red Garland "All Kinds Of Weather"
b0160275_20391664.jpgハード・バップ時代の売れっ子ピアニスト、レッド・ガーランドの渋いアルバムです。

レッド・ガーランドは1950年代のマイルス・デヴィス第1期クインテットのピアニストで、マイルスのミュート・トランペットを引き立てるブロック・コードとチャーミングなシングル・トーンで、絶妙のコンビネーションを発揮しました。

セッション・ピアニストとして引っ張りだこだったレッド・ガーランドですが、最初からピアニストだったわけではなく、ライト級のボクサーだったんだそうです。
そう言えば、テナー・サックスのハンク・モブリーも元ボクサーでしたが、この二人の元ボクサーの出す音は、とても渋くて癒し系だと思います。^^格闘技出身なのに、攻撃的な音は一切出てきません。^^

このアルバムは、"All Kind Of Weather"というタイトル通り、天候や季節に関する曲ばかり集めた面白い構成のアルバムになっています。

1曲目の"Rain"は、レッド・ガーランド特有のブロック・コードで快調にテーマが演奏され、ご機嫌なシングル・ノートのソロにつながっていきます。「玉を転がすようなピアノ・ソロ」とよく形容されるガーランド節が冴え渡っています。左手のコンピングもお約束どおりのワン・パターンですが、これも気持ちが良いノリです。また、ポール・チェンバースのウォーキング・ベースも、何も凝ったことはやっていないにもかかわらず、とてもご機嫌です。

2曲目の"Summertime"は一転してスローなテンポのバラード風になります。ブルージーな雰囲気がたまりません。

"Stormy Weather"は曲名とは似合わない落ち着いた雰囲気の名曲です。これもスローでブルージーな演奏です。

"Spring Will Be a Little Late This Year"、「今年は春が来るのが遅くなりそう・・・」なんて思わせぶりなタイトルの曲ですが、ガーランドのブロック・コードが冴えるミディアム・テンポの好演です。アート・テイラーのブラッシュ・ワークも小気味よくスイングしています。

"Winter Wonderland"、これもガーランドのブロック・コードが快調なスインギーな演奏です。こういう演奏をさして「カクテル・ピアノ」とか言われますが、「カクテル・ピアノのどこが悪い!」と言いたくなるぐらい、ご機嫌な演奏です。

このアルバムを締めくくるナンバー、"'Tis Autumn"はしっとりした大人の音です。チェンバースもテイラーも肩の力が抜けて、ゆるーいスイング感が横溢しています。しかし、どこから見ても、これは正統派モダン・ジャズの音なんですね。

このアルバム、レッド・ガーランドらしさが横溢したアルバムです。「何を弾いても一緒」とか「金太郎飴」とか言われるレッド・ガーランドですが、特にピアノ・トリオというフォーマットで聴くと本当にワン・パターンだと思います。^^
でも、「難しいことは考えずにスイングする。以上。なんか文句あるか。」、って言われたら、「文句ないない!」と答えてしまいます。^^だって、これが彼の持ち味なんですから。

肩肘張らずにJAZZピアノを楽しもうと思ったら、レッド・ガーランドのピアノを聴くのが一番です。
このアルバム、一日の終わりに好きなお酒を片手に聴くにはもってこいです。^^

1958年11月27日録音
Red Garland (p)
Paul Chambers (b)
Art Taylor (d)
[PR]
by bluenob | 2008-08-06 21:09 | Piano
Stan Getz "Getz/Gilberto"
b0160275_22101843.jpg今日の名古屋の最高気温は37.8度、こんな暑い夜にはボサ・ノバが聴きたくなります。^^

これは、白人テナー・サックス奏者の巨人、スタン・ゲッツがボサ・ノバの創始者ジョアン・ジルベルト、アントニオ・カルロス・ジョビンと組んで発表したアルバムです。このアルバムは、音楽界に"Bossa Nova"というジャンルを確立させた画期的なアルバムでもあります。

スタン・ゲッツは、レスター・ヤング系のテナー・マンで、1940年代後半にはクール・ジャズを代表するテナー・サックスとして人気を集めました。しかし、この時代のジャズ・ミュージシャンにありがちな「お薬」への依存が断ち切れず、1954年には「お薬代稼ぎ」のためにコンビニ強盗を起こして逮捕されてしまいました。服役を終えた後は、アメリカを脱出し、スウェーデンに移住してしまいました。

また、ジョアン・ジルベルトは、このアルバムにも参加しているアントニオ・カルロス・ジョビンと共に、1950年代末からボサ・ノバのパイオニアとしてブラジルで活躍していました。ちなみに世界最初のボサ・ノバ・レコードは、1958年に吹き込まれた"Chega de Saudade"だそうです。いまだにボサ・ノバのスタンダードで、英語でも"No More Blues"、日本語では「想いあふれて」としてカバーされています。

このアルバムはスウェーデンから帰国したスタン・ゲッツとジョアン・ジルベルト、アントニオ・カルロス・ジョビンとのコラボレーションによって作られました。今聞いてみると、その後のボサ・ノバ・スタンダードが綺羅星のごとくならんだアルバムとなっています。
今の枯れたジョアンの歌声も大好きですが、若い頃のジョアンの声も艶があって素敵です。

ゲッツのテナーも、ボサ・ノバのクールな雰囲気にぴったりです。この人のソロ、昔は「まるで書いたのを演奏するみたいなアドリブで嫌い!」だったのですが、今は「書いたみたいにスムーズにアドリブするゲッツは凄い!」に評価が変わってきました。^^;

どの曲も、ボサ・ノバらしい快適な音楽で、1963年のグラミー賞4部門を独占する大ヒットとなったのも、むべなるかなという感じです。

また、このアルバムにはジョアン・ジルベルトの当時の奥さん、アストラッド・ジルベルトのボーカルが聴けます。ヘタウマの世界ですが、これでアストラッドはボサ・ノバ・シンガーの座を確立してしまったのでした。

私も若い頃、ブラジル音楽を聴きまくっていた時代がありました。サンバからサンバ・カンサゥン、ショーロなど、JAZZの4ビートよりも新鮮に感じていました。仲間とブラジル音楽バンドも作っていました。ナラ・レオンの名曲をリーパクして、"Vento De Maio"という名前のバンドで、いっちょまえにバツカーダなんかもやったりしてました。

私はこのバンドでテナー・サックスとフルートを担当してましたが、ゲッツのようには吹かず、ベルグ・ラーセンのマウス・ピースで、ガトー・バルビエリのようにゴリゴリ吹いていました。今考えると、野蛮だったなあ。^^;

今でも夏になると、ボサ・ノバやサンバを好んで聴いていますが、このアルバムはその中でもスタンダードです。当時はあまり好きでなかったスタン・ゲッツも、気持ちよく聴ける年になってきました。

1963年3月18日~19日録音
Stan Getz (ts)
Antonio Carlos Jobim (p)
Joao Gilberto (g, vo)
Tommy Williams (b)
Milton Banana (d)
Astrud Gilberto (vo)
[PR]
by bluenob | 2008-08-05 23:09 | Tenor Sax
Don Friedman "Waltz For Debby"
b0160275_20143325.jpg白人ピアニスト、ドン・フリードマンの2002年の作品です。
この人の形容詞は、「知的でリリシズムあふれる演奏スタイル」です。こう言うと、ビル・エバンスを連想しますが、事実、1960年代は、「ビル・エバンスの好敵手」と言われており、当時の代表作、"Circle Waltz"などを聴くと、確かにビル・エバンスそっくりです。^^

このアルバムは、ベースにジョージ・ムラーツ、ドラムスにルイス・ナッシュを迎えて2002年に吹き込まれたアルバムですが、まるでリバーサイドのビル・エバンス・トリオを髣髴とさせる素晴らしいアルバムに仕上がっています。

夏の暑い夜に、クールなジャズ・ピアノが聴きたいなあと思ったとき、このアルバムに手を伸ばすことが多いです。
このアルバムに聴かれるドン・フリードマンのピアノは、ビル・エバンスに似ていますが、もっと硬質でスインギーです。キース・ジャレットのスタンダード演奏も良いですが、あのキースのうなり声が邪魔だ、という人にはぜひお勧めのアルバムです。^^

1曲目の"35 W. 4th St."は、ドン・フリードマンが講師を務めるNY大学の住所が題名になっているそうです。数人の生徒が急に欠席し、思いがけずできた空き時間にピアノに向かっていたらできた曲だそうですが、このアルバムのオープニングにふさわしい硬質なリリシズムに溢れた名曲に仕上がっています。

3曲目はビル・エバンスの名曲、"Waltz for Debby"です。Village Vanguardでの有名なライブ・バージョンが一番耽美的で、ひたぶるに美しいです。"New Jazz Conceptions"での初演はまだ消化しきっていない感じでした。アルト・サックスのキャノンボール・アダリーとやっているのはちょっと甘すぎるかな。^^
フリードマンのワルツ・フォー・デビーは、一番甘さ控えめですが、フリードマンらしい端正な演奏になっており、大好きです。なお、この曲は日産ティアナのCMソングにも今使われており、TVを見ていて思わず「おっ!」と思ってしまいました。^^

チック・コリアの"Bud Powell"は、エバンスの"Portrait In Jazz"の"Periscope"を思わせるスインギーな演奏です。

"You Must Believe in Spring"、これも晩年のエバンスの名演で知られる名曲です。フリードマンの硬質なリリシズムがいかんなく発揮された素晴らしいバラードになっています。

"Shadow of Your Smile"、いきなりムラーツとのインタープレイで始まります。エバンス=ラファロのコラボレーションを思わせる演奏です。原曲のメロディーがほとんど出てきませんが、コード進行はあきらかに「いそしぎ」ですね。

アルバムの最後はスタンダードの"Old Folks"、フリードマンのピアノ・ソロです。この曲はJAZZミュージシャンのお気に入りのバラードで、いくつもの名演がありますが、ここでのフリードマンの演奏もそこはかとない哀感の漂う名演になっています。


2002年5月28日録音
Don Friedman (p)
George Mraz (b)
Lewis Nash (ds)
[PR]
by bluenob | 2008-08-03 21:13 | Piano