Copyright © 2008 Blue Nob All Rights Reserved
カテゴリ:Vocal( 2 )
Amalia Rodrigues "Com Que Voz"
b0160275_2128105.jpgこのアルバムは、ポルトガルのファドの女王、アマリア・ロドリゲスの1987年のアルバムです。

このアルバムがJAZZでないのは百も承知ですが、あえてご紹介させていただきます。アマリア・ロドリゲス、ビリー・ホリデイに勝るとも劣らない感動を与えてくれる素晴らしいヴォーカリストです。

ファドは、ポルトガルで生まれた民俗歌謡です。ファドとはポルトガル語でも運命とか宿命とかという意味の言葉です。英語だと"fate"です。この重い名前からも察しがつくように、ファドはアメリカにおけるブルースのような響きを持った音楽です。

アマリア・ロドリゲス(Amália Rodrigues、1920年7月23日-1999年10月6日)は、そのファドの国民的歌手です。このアルバムは、アマリア・ロドリゲスが67歳の時に吹き込まれたものです。

若い頃のような声量も艶もすでにないのですが、それでもこのLPに針を下ろし、アマリアの声が聞こえてくると、いつも全身総毛だってしまいます。魂が震える、というのはこういうことを言うのでしょうか。
Jazzで言うと、Mal Waldronの畢生のアルバム "Left Alone" で、Jackie McLeanのアルト・サックスが入ってくる瞬間に似ていますが、より強烈に魂をゆさぶられます。

1曲、2曲と聴くにつれ、「ファドって運命か、俺の運命はなんだろう・・・」と考えさせられてしまいます。
そんな重い音楽ですが、決して聴きにくいものではありません。むしろ、自然に耳に入り、心の奥の一番柔らかなところに染み込んでくるような感じです。
軽いJAZZボーカルもお洒落で良いものですが、たまにはこんなファドのアルバムを聴いて、どっぷりと重い雰囲気にはまってみるのも良いものです。

なお、このアルバムのジャケット写真、大好きです。
若い頃は艶やかな美女だったアマリアですが、このアルバムに写っているのは、老境に入ったアマリアです。シワが増え厚化粧になったとは言え、女性として、人間として、より美しく深みをたたえた素晴らしいアマリア・ロドリゲスです。
この写真を撮ったカメラマン、実に素晴らしい仕事をしました。CDで出ている"Com Que Voz"は、この素晴らしい写真が使われておりません。残念なことです。

このアルバムのタイトルとなった曲"Com Que Voz"のYouTube動画がありますので、リンクを貼っておきます。
また、このアルバム収録曲で、もう少し明るい「ヴィアナへ行こう」"Havemos de Ir à Viana"のYouTube動画もあります。
これも素敵な歌唱です。
[PR]
by bluenob | 2008-08-31 22:00 | Vocal
Ann Burton "Blue Burton"
b0160275_030509.jpgどちらかというとインストゥルメンタルなJAZZばかり聴いているNobですが、女性のJAZZヴォーカルで一番好きなのが、このアン・バートンです。このアルバムは、アン・バートンが34歳のときに吹き込んだデビュー・アルバムです。

アン・バートンはオランダに生まれ、ヨーロッパで活躍したヴォーカリストです。声量があるわけでなく、抜群のドライブ感があるわけでもなく、スキャットが素晴らしいわけでもなく、実に淡々とメロディーをストレートに歌うヴォーカリストです。でも、とてもデリケートな感情表現が素晴らしく、聞き飽きることがありません。

アン・バートンは、歌を選ぶときにメロディーではなく歌詞で選ぶのだそうです。当然歌うときも歌詞を大切にして歌いますし、オランダ人の英語ですから、日本人には聴き取りやすい。^^;
私は、JAZZのスタンダードは歌詞まで覚えたくなるたちなので、アン・バートンのように歌詞を丁寧に歌ってくれる人は大好きです。

また、彼女はカテゴリーにもこだわらないシンガーで、JAZZだけでなくポップスも彼女流のJAZZにして歌ってしまいます。このデビュー・アルバムにも、キャロル・キング"Go Away Little Boy"や、ボビー・ヘブの"Sunny"などのポピュラーが入っています。

どの曲も、彼女独特のハスキーでメローな声で歌われており大好きですが、特に好きなのは"The Good Life"です。
フランスのジャズ・ギタリスト、サッシャ・ディステルの曲で、トニー・ベネットが大ヒットさせました。日本人でも笠井紀美子さんがカバーしていましたが、メロディーも良いし、歌詞もちょっと説教臭いですが、胸にひびきます。アン・バートンは、オリジナルの歌詞を少し変えて下記のように歌っています。

Yes, the good life,
Full of fun, seems to be the ideal,
Yes, the good life,
Makes you hide all the sadness you feel,
You won't really fall in love
'Cause you can't take the chance,
So be honest with yourself,
Don't try to fake romance.

Hmmm, the good life,
To be free and explore the unknown,
Like the heartaches
When you know you must face them alone,
Please remember I still want you
And in case you wonder why,
Well, just wake up,
And kiss the good life bye bye.

私の下手な訳だと、こんな感じでしょうか。

==
そう、確かにいい人生ね。
楽しいことがいっぱいあって理想的だと思うわ。
ほんと、いい人生だと思う。
たくさん悲しいことがあるのに隠してくれるもの。
でも、本気で恋に落ちることはしないのね。
チャンスが無いから、ってすぐに言い訳して。
だけどもっと自分に素直になってみたら。
ロマンチックな気持ちをごまかしちゃだめよ。

うん、確かにいい人生ね。
胸を痛める未知の世界に立ち入らなくても済むし。
でもそんな世界に一人で向かわなければいけなくなったら、
思い出して欲しいの、私にはまだあなたが必要だってことを。
もし不思議に思ったら、さあ、目を覚ましてよ。
今の「いい人生」にキスしてバイバイしてね。

==

1967年録音
Ann Burton (vo)
Louis van Dyke (p)
Jacques Schols (b)
John Engles (ds)
Piet Noordjik (as)
[PR]
by bluenob | 2008-07-28 01:33 | Vocal