Copyright © 2008 Blue Nob All Rights Reserved
Hank Jones "'Round Midnight"
b0160275_20273728.jpg秋の夜長には、こんなけれんみのないソロ・ピアノがよく似合います。ピアノの職人、ハンク・ジョーンズが2004年2月に録音したアルバムです。

ハンク・ジョーンズは1918年生まれですから、86歳の時のレコーディングです。しかし年を感じさせない実に瑞々しいピアノソロで、心底驚きました。この人に関しては老化、という言葉は無縁なのかもしれません。今年(2008年)にも来日してますから、90歳を超えて現役ということになります。

ハンク・ジョーンズの演奏歴は古く、チャーリー・パーカーとも一緒に演奏しています。バードと一緒にやったことのある人でまだ存命中なのは、ドラムスのロイ・ヘインズぐらいではないでしょうか。しかも生きているだけではなく、いまだにこんな素晴らしい音楽を演奏しているわけですから、脱帽モノです。

ハンク・ジョーンズ、脇役としての演奏が実に渋くてたまりませんでした。とにかく汚い音を弾かないのです。バードの"Now's The Time"、ミルト・ジャクソンの"Opus De Jazz"、ポール・チェンバースの"Bass On Top"、キャノンボール・アダリーの"Somethin' Else"で、その好演を聞くことができます。どれも主役を上手に引き立てています。

また、自らが主役となっては、グレート・ジャズ・トリオで素晴らしい演奏を聴かせてくれました。マイルス・デイビスのバンドに在籍していたロン・カーターやトニー・ウィリアムスとの組合せ、「こりゃあ異種格闘技だなあ・・・」なんて思ったものですが、ハンク・ジョーンズは若い彼らに負けない若々しい感覚で丁々発止のプレーを聴かせてくれ、大いに驚いたものです。

さて、このアルバム、全編有名スタンダード曲のソロです。ハンク・ジョーンズの端正で上品なピアノを楽しむには絶好の名盤です。ハンク・ジョーンズは1000曲以上のスタンダード・ナンバーを暗譜しているそうです。JAZZのスタンダード曲集で俗称「1001」という譜面がありますが、彼の場合、「生きている1001」ということができそうです。

1曲目の"My Romance"の音が出てきたとき、思わず耳を疑いました。86歳のおじいさんが弾いてるとは思えないフレッシュな音だったからです。この曲は、ビル・エバンスの"Waltz For Debby"での演奏が定番ですが、ハンク・ジョーンズの演奏もビル・エバンスに勝るとも劣らない素晴らしい演奏です。時々ハンクのうなり声がうすく聞こえますが、キース・ジャレットのそれに比べると実にかわいいもので、より音楽的です。^^

"Someday My Prince Will Come"もビル・エバンスのレパートリーですが、ハンク・ジョーンズが弾くと、甘い中にもより枯れた味わいで、これもたまりません。

またバードの愛奏曲だった"Bird Of Paradise"がそのコード進行を使ったことで有名なスタンダード、"All The Things You Are"も素晴らしい出来栄えです。この曲特有のせつなくなるような転調が実に丁寧にメロディックに演奏されています。

セロニアス・モンクの"'Round Midnight"、ソロ・ピアノならではの緩急自在なテンポでしっとりと聴かせてくれます。

"It's A Sin To Tell A Lie"も名演です。甘いコード進行の曲ですが、あえてテンション・ノートを上手に使い、ビター・スイートな演奏になってます。

このアルバムの最後は、デューク・エリントンの名曲、"In A Sentimental Mood"です。メランコリックかつダイナミックなソロが絶品です。

この他にも、"Someone To Watch Over Me", "It's The Talk Of The Town", "Willow Weep For Me", "The Day Of Wine And Roses", "Speak Low", "Tea For Two", "For Yoy"が収録されており、どれをとってもハンク・ジョーンズならではの解釈で、魅力的ななスタンダード演奏になっています。

弟のサッド・ジョーンズ、エルヴィン・ジョーンズはすでに他界してしまいましたが、一番年長なハンク・ジョーンズにはずっと長生きして、素晴らしいアルバムを残していって欲しいものだと思います。

なお、このアルバムは、HMVのウェブサイトで試聴できます。

2006年2月4日&5日録音
Hank Jones (p)
[PR]
by bluenob | 2008-10-29 20:27 | Piano
<< Wayne Shorter &... Sonny Clark &qu... >>