Copyright © 2008 Blue Nob All Rights Reserved
Curtis Fuller "Blues-Ette"
b0160275_22252241.jpgこのアルバムも、秋になると条件反射的に聴きたくなるアルバムです。やはり、気温が低くなってくると、ウォームな低音が聴きたくなるんでしょうか。

アート・ブレイキーのジャズ・メッセンジャーズが3管編成だったころのトロンボーン奏者、カーティス・フラーの代表作のひとつです。
このアルバムでは、同じくジャズ・メッセンジャーズOBのベニー・ゴルソンとフロントラインを作っています。

とは言うものの、ゴルソンは、フラーと同時期にはジャズ・メッセンジャーズには在籍していませんでした。
ゴルソンは1958年に吹き込まれた名盤、"Moanin'"の頃に在籍していましたが、フラーがJMにやってくるのはすでにゴルソンがJMを去った後、リー・モーガンとウェイン・ショーターがフロントを形成するようになってからです。(しかし、JMって、本当に凄いメンバーばかりでした。^^)

時代は違うとは言うものの、御大アート・ブレイキーに見込まれただけあって、ゴルソンもフラーも、まっくろけのけ、正真正銘のジャズ・スピリットの持ち主です。このアルバムでも、その相性は抜群です。

トロンボーンとテナー・サックスがフロントですから、全編低音の魅力に溢れています。また、この低音管楽器のアンサンブルがとても気持ちよく、これはベニー・ゴルソンのいわゆる「ゴルソン・ハーモニー」のなせる業でしょう。また、ピアノのトミー・フラナガンがとてもいい味を出しています。

1曲目はマイナーブルースの名曲、"Five Spot After Dark"です。フラーとゴルソンのユニゾンによるリフ、シンプルですがかっこいいです。ミディアム・テンポの淡々とした演奏ですが、ジャズの魅力のたっぷりつまった好演です。数年前、TVでなんかのCMに使われていたのを聴いて、「このCMのプロデューサー、趣味が良いなあ・・・」と思ったものです。

2曲目の"Undecided"、トミー・フラナガンの小粋なイントロで始まるスタンダード・ナンバーです。ゴルソンのアレンジ、最低限のことしかやっていないんですが、トロンボーンとテナー・サックスの音のブレンド、とっても気持ちが良いです。
トミ・フラ、フラー、ゴルソンとソロが回りますが、フラーのソロはトロンボーンという楽器を良く知った無駄のない魅力的なものです。
ゴルソンはユーモラスなソロを展開しています。テナーとしてはかなりごしゃごしゃとしたソロを吹いてますが、まあ、相方がトロンボーンなので、このぐらい吹かないとバランスが悪い・・・。あははは。
ドラムスとの4バース・チェンジの2管アンサンブルもシンプルこの上ありませんが、洒落てます。

3曲目はアルバムタイトルになっている"Blues-Ette"、テーマ演奏時のトミ・フラのバッキングが楽しいです。これもゴルソンのアレンジなんでしょう。

4曲目の"Minor Vamp"、ちょっとアップテンポなマイナーなナンバー、スモーキーな雰囲気でかっこいいです。

5曲目の"Love Your Spell Is Everywhere"、このアルバムの中で一番私が好きな演奏です。ミディアム・テンポで民謡風のゴルソン・ハーモニーの優しい名曲です。ゴルソンのソロは、このアルバムの中で最高です。

6曲目は"Twelve-Inch"、ジミー・ギャリソンの2ビート風のイントロで始まるマイナー・ブルース。ギャリソンは後日、超重量級コンボ、コルトレーン・カルテットの一員となりますが、この頃はごく普通のベーシストですね。この曲のベース・ソロもそれほど凄みのあるものではありません。第1曲目の "Five Spot After Dark"同様、マイナー・ブルースの魅力たっぷりの演奏でアルバムを締めくくります。

1959年5月21日録音
Curtis Fuller (tb)
Benny Golson (ts)
Tommy Flanagan (p)
Jimmy Garrison (b)
Al Harewood (d)
[PR]
by bluenob | 2008-10-24 23:08 | Trombone
<< Sonny Clark &qu... Paul Chambers &... >>