Copyright © 2008 Blue Nob All Rights Reserved
Eric Dolphy "Outward Bound"
b0160275_2214635.jpg元祖マルチ・リード奏者、エリック・ドルフィーの初リーダー作です。
初めてドルフィーを聴いたのは、"Last Date"だったと思いますが、カルチャー・ショックどころではない衝撃を受けました。

ドルフィーのサウンドはとてつもなく前衛的な響きなのに、冷たさはいっさい感じず、ひたすらエモーショナルに迫ってきます。オーネット・コールマンの前衛ぶりは、「ああ無邪気だなあ、こういうのもありかなあ・・・。」ぐらいの受け止め方だったんですが、ドルフィーを聴いたときは、「こっ、これはっ、すごい、すごすきるっ、果たして現実なんだろうか?」ぐらいの衝撃を受けました。

よく「馬のいななき」と言われるドルフィー独特の音のジャンプですが、アブストラクトな美しさに満ちています。抽象画の世界と同じで、「理解する」ものではなく、あるがままに「感じる」ものだと思います。ドルフィーが嫌いだという人も多いのですが、「理解しよう」としすぎるか、生理的に受け付けないか、どちらかでしょう。^^

また、楽器を完璧にコントロールするドルフィーのテクニックに驚きました。アルト・サックスとフルートは運指が近いですから、割合と簡単に持ち替えはできると思うのですが、バス・クラリネットは運指がかなり違いますし、楽器の鳴らせ方もまったく違います。にもかかわらず、どの楽器を吹いてもドルフィーらしさ」は一貫しており、しかも楽器ごとに見せる表情が微妙に違うのが面白いです。

この初リーダー作、Outward Bound"では、まだやや「伝統寄り」のところにある演奏ですが、単に聴きやすいだけの作品にはなっていません。

バスクラで吹かれる"Green Dolphin Street"、おそらくこの曲の演奏の中で、一・二を争う素晴らしい演奏だと思います。フレディー・ハバードのミュートによるテーマを聴いていると、ごく普通の「緑海豚通」に聴こえるんですが、ドルフィーのバスクラが出てくると、もうそこは非日常の世界になってしまいます。

"Miss Toni"でも、テーマ部分は普通のハード・バップなんですが、ドルフィーのバスクラが出てくると、世界が変わります。そしてハバードのソロでまた現実に戻ります。^^

また、"G.W"と"Les"のアルト・サックスでのアヴァンギャルドな響き、これもすごいです。テナー・サックスに比べてアルト・サックスの音色は甘すぎて、モーダルな曲や前衛っぽい曲に合わせるのが難しいのですが、ドルフィーのアルトは甘さを排除した硬質なリリシズムに溢れており、One And Onlyです。コルトレーンそっくりに吹く人はたくさんいますが、ドルフィーそっくりに吹ける人はいません。

"245"の酔っ払ったような雰囲気は後年の代表作、"Out To Lunch"の雰囲気に似てるんですが、こちらはよく聴くとトラディショナルなブルース・フォーマットです。ブルージーでありながら、ドルフィーのソロはきんきんにとんがってます。
ハバードのソロは完璧にブルースそのものです。ハバード、"Out To Lunch”ではもっと鋭いソロを吹いてましたが、この頃はまだ発展途上だったということでしょうか。^^

また、"Glad To Be Unhappy"のフルートで見せるロマンチックでありながらアブストラクトな音、これもこの人だけのサウンドで、イミテイターを聴いたことがありません。

なお、ドラムスはロイ・ヘインズです。このドラマー懐の深さにはいつも脱帽してしまいます。若い頃はレスター・ヤングやチャーリー・パーカーと演奏していたのに、ドルフィーやコルトレーン、チック・コリアやパット・メセニーと演奏しても決して古臭くありません。2008年現在、まだ存命中で、80歳を超えても演奏し続けているそうです。いやはや、丈夫で長持ちだわ。^^

初リーダー作には、そのミュージシャンのすべてが現れるといいますが、この"Outward Bound"、ドルフィーにしては聴きやすい作品ですが、十分にらしさが味わえるアルバムになっていると思います。

1960年4月1日録音
Eric Dolphy (as, bcl, fl)
Freddie Hubbard (tp)
Jackie Byard (p)
George Tucker (b)
Roy Haynes (ds)
[PR]
by bluenob | 2008-07-31 23:06 | Alto Sax
<< Don Friedman &q... Dexter Gordon &... >>